I Sing My Heart

アクセスカウンタ

zoom RSS 下道日帰り1000`ツーリング始末記

<<   作成日時 : 2017/06/30 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一般道(下道)1000`日帰りツーリング始末記(2000年7月10日) 
※ツーリングクラブ「BORDERICKS MC」会報「BORDER vol.60・vol61」より一部抜粋。

愛車の89年 GSX-R1100 ヨシムラStage 1 チューンは、ヘルニア痛で乗れなくなってしまい、そのまま車検切れだったのをようやく6月に車検を取ったばかりだ。
バイク乗り人生最後のツーリングは、4人限定のクラブの仲間と過去二回成功した「一般道1000`ツーリング」で終わりたいと願い、不退転の決意でこの日を迎えた。
今日は、自分のためだけに走るので、仲間に声をかけずに誰も誘わずソロで走り切る。

「BORDERICKS MC」4人限定メンバー
画像

画像

画像

画像

画像


そもそも酒を呑みながら「1000`を日帰りできる?」から始まって、「高速なら秋田から東京で降りて、折り返し高速で秋田まで1400`を20時間くらいで走ったことある。楽勝!」というやつがいるし、だんだんと盛り上がってきて「一般道下道で日帰り1000`は、田舎だから渋滞も少ないし出来るんじゃね?」という、いい加減な話で始まったツーリングだ。

過去、秋田〜新潟〜いわき〜宮古〜秋田で1回、また秋田〜鯵ヶ沢〜竜飛岬〜大間崎〜宮古〜秋田のコースで成功しているが、3回途中で引き返している。
雨や仲間の体調不良は即中止だからだ。
いつもの決行日は、昼が長く深夜がさほど寒くない6月6日0時出発に決定。
そして成功した2回(1100`走行)とも22時間以上かかっている。
今回は、自分の事情なので7月10日0時出発に決めた。
竜飛・大間と回る北コースだ。
途中、大都会が無いので、大幅な時間短縮が可能だ。

社会的には、犯罪的スピードで終始走ることが前提なので、夜と早朝の空いている時間帯にどのくらい距離を稼げるかで成功・不成功が決まる。
また、何百という信号で停車し、渋滞にハマり、ガソリン入れて、食事して、追い越し禁止は守り、休憩する時間などが、何時間かのロス時間になることも考慮に入れると、走っている時間の平均速度は、必然的に法定速度以上になるのが体験でわかっていた。

例えば、新潟まで3時間、いわきまで6時間なら、夕方まで仙台を通過し、夜は空いた国道を走られるはずだ。
※ 以下、道交法上の問題があり、(例えば、150`巡行が当たり前なので)全て省略。

今回の北コースが、この無謀なツーリングの最後なので〜バイク乗りそのものもヘルニア病で終わる〜記録のためにガソリンタンクの上に張り付けたチェック用紙をまとめたのがこれ。
何百もの信号や渋滞がありながら、この平均速度を確保するからこそ、下道1000`日帰りツーリングなのだ(笑)

画像


  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下道日帰り1000`ツーリング始末記 I Sing My Heart/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる