I Sing My Heart

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクの想い出(終わり) 10−A スズキ GSX―R1100

<<   作成日時 : 2017/09/12 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初にやったのは、職場のバイク好きを集めて作っていたツーリングクラブ「Fly Milk Company」(メンバー40人)を解散し、バイクに乗り始めた頃に作っていたスピード追求のクラブ「The Bordericks M.C.」を(危険な活動なので選抜した)限定4人のメンバーで具体的に形にしたこと。
画像


クラブの趣旨は、年に一回、6月6日に「1000`日帰り一般道ツーリング」を決行すること。
あとは、年末に走り納め忘年会をすること。
実質ほぼ一年中、「The Bordericks M.C.」の看板(エンブレム)を背負って、クラブの趣旨に恥じないバトルをたった一人で戦うだけのバカバカしいクラブだ。
画像


1000`日帰り一般道ツーリング
http://196941.at.webry.info/201706/article_10.html

現在はどうしているか全くわからないクラブメンバー

千田(BMW R100改)
画像


荻原(GPZ900改)
画像


木曽(DUCATI 851 ストラーダ)
画像


菅(GSX−R1100)
画像


その他の仲良しさん
画像

画像

画像

画像


一番の印象的な事は、東北自動車道飯塚温泉に一泊予定で走っている時、インターの手前左に見える並走する東北新幹線に抜かれ、我を忘れて追走し、ついに抜いた時かもしれない。
メーターは284`を示していた。
「ヨシムラ ステージ1」というエンジン燃焼効率を上げるチューンナップをしていたので、300`は出そうだったが、新幹線を抜いた瞬間、目の前に続く車の林に怖れをなし、全身が脱力したのを鮮明に覚えている。
感覚としては、250`を超えると、左右のフェンスが「灰色のコンクリート板」のようになり、視界の中で焦点が合っているのは、前方の自分の」車線の先の数百メートルだけで、左の路側帯、右のフェンスと追い越し車線の車の間、走行車線・追い越し車線の車の隙間を250`オーバーですり抜けるという、非日常の異常な体験もしたのである意味生き延びた達成感とともに「もういいかなぁ」とも感じたものだ。

肉体労働者らしいいい肉体してるなぁ(笑)
画像

画像


こうして(リンクを貼ったブログのように)最後の1000`ツーリングで腰椎椎間板ヘルニアを悪化させ、入院か手術かの選択の中で、華やかだったバイク乗りを止める決断をし、バイク関連のすべてを売り払い、暇な時間を満たすためにギター練習を始め、アマチュア路上ミュージシャンになり現在に至っている。

画像


10年経って、家族が中型を取ったので、やむなく買った現在の愛車 ホンダ NC700。
二人とも2年間乗っていない(笑)
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイクの想い出(終わり) 10−A スズキ GSX―R1100 I Sing My Heart/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる